« 2007クーネルハウス | トップページ | ギャラリー夢空間Do(伊豆高原) »

2007年2月18日 (日)

32年後の部品交換

200702171200702172
Machine Heads
 中学生の頃手に入れたクラシックギターが、なぜか手元に残っていました。学生時代の下宿から始まり会社の寮、3回の転居と、どういうわけか弾きもしないこのギターがずっと・・・。流石に金属部分はさび付いてチューニングの際ギシギシ異音が出放題です。アコギレッスンでお世話になっているお店で金物を調達して交換をしてみました。や~、見違えました。大事にしなければね~、これでまた30年は大丈夫かな?今度は、こっちがお陀仏してるかもね。

|

« 2007クーネルハウス | トップページ | ギャラリー夢空間Do(伊豆高原) »

コメント

昨日、出先で見つけた楽器屋でマーチンの弦を買ってきて交換しました。1セット580円・・・安いなぁ。昔もこんな値段だったような気がします。ちょっと弾いてみたら音が全然違う。でもすぐに左手の指の腹が痛くなってしまいました(笑)店に置いてあるギターの値段も昔と変わらないような気がしました。マーチンなんかでも30万ぐらいから有るんですね~オヤジの衝動買いを誘う値段です(笑)

投稿: エア | 2007年3月13日 (火) 08時11分

私も一応ギター持ってます、そう30年位前のものですが、もともと弾けませんが流行でしたので・・・ そう言えば海に出てませんね~ 早くトリマラン作らなくっちゃー  

投稿: t-dandy | 2007年3月 2日 (金) 20時53分

 そうですよね~、私も弦の交換手間取りました。レコード屋さんなんか無いもんね!結局デパートの楽器売り場で見つけて、適当にやりました。部品交換した後アコギショップの社長が言うには「30年ぐらい前のギターが、最もよく鳴る」って言っていました。当時のものは良くできているらしいです。
 最近 「晴漕雨作」では無く「晴奏雨作」ですかね~、暖かくなったらセーリング、カヤッキング!

投稿: 木艇人 | 2007年3月 2日 (金) 10時33分

ははは、奇しくも私も古いフォークギター(高校生の頃)の糸巻き部分をリペアーしてました。交換ではなく分解してCRCをかけ、止めてあるネジが少しバカになっていたのでエポキシを注入して締め直しました。弦を新しいのに変えたいな・・楽器屋に行けば売っているのかなぁ・・昔はレコード屋(死語だなぁ・・)にピックとかと売っていたんですが。

投稿: エア | 2007年2月19日 (月) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19475/13950083

この記事へのトラックバック一覧です: 32年後の部品交換:

« 2007クーネルハウス | トップページ | ギャラリー夢空間Do(伊豆高原) »