« 天板やっとここまで | トップページ | 渓流からの贈り物 »

2004年7月13日 (火)

伊豆高原のお店

rakuya-s.jpg楽や案内状

 南アルプスのふもと白州で週末を過ごしている頃、自宅に1通の案内状が届いていました。サラリーマン時代に大変お世話になった先生からです。先生は、八ヶ岳の山麓にアトリエをお持ちになり素敵な毎日を送られています。先生のご子息が伊豆高原にお店をオープンしたとのお知らせを頂きました。八ヶ岳への行帰りにこちらのお店に立ち寄られるそうです。八ヶ岳と伊豆高原、どちらもとってもいいところですもんね!なんとか時間をひねり出し今度は伊豆半島でのカヤッキングに挑戦してみようかな?などとまたまた無謀なことを考えています。

|

« 天板やっとここまで | トップページ | 渓流からの贈り物 »

コメント

余生?まじさんの余生?まあとにかく早く海に近いところにログ建てて移住移住。私便乗(ただ乗り)予約しま~す。

投稿: 木艇カヤッカー | 2004年7月17日 (土) 17時00分

昔の部下の親が梅ヶ丘の床屋をたたんで半分隠居を決め込んで床屋を開いたのが確か伊豆高原ですね。オープンの時に看板を作って置いてきました。黄色い建物なのでかなり目立ってました。まあまあの流行り具合だそうで楽隠居とは行かないようですがいいことです。
できれば余生は海の近くに小屋でも構えてすごしたいですな〜。

投稿: Maji | 2004年7月13日 (火) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19475/950369

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆高原のお店:

« 天板やっとここまで | トップページ | 渓流からの贈り物 »